【R6S】Buck(バック)の立ち回り、使い方

オペレータ情報
バック

今回は、攻撃側オペレータであるバックの立ち回りについて説明します。

スポンサーリンク

求められる立ち回り

バックはアサルトライフルとショットガンを併せ持った全距離対応できる銃を持った強オペです。

そのショットガンを使って、突き下げ・突き上げを主とする工事職として活躍できます。

さらにフラグ持ちという敵をキルするために生まれた男と言っても過言ではないでしょう。

工事職として拠点上や拠点下から嫌がらせをしたのち、詰め職として敵陣へ切り込んでいくことが多いです。

環境破壊に長けたオペレータなので、マップ構造の理解が深いと特に輝くオペレータです。

普通に撃ち合っても強いし、上下左右の射線を自由に作り出して意表を突いた攻撃ができるようになればキルレうなぎのぼり間違いなし!

固有能力の使い方

ショットガンに切り替えられる「スケルトンキー」は、床や壁の破壊能力が高く、突き下げ・突き上げのための工事が行いやすいです。

そのため、工事職としてピックされることが多くなってきます。

また、壁を一発で通れるほどの穴をあけることができるため、自由に動き回って敵をかく乱することも可能です。

ショットガンは殺傷能力も高く、敵との距離を詰めるときなどは切り替えて使っています。

5mぐらいの距離であれば腰撃ちで、アーマー1は一発キル、アーマー2は一発負傷させることができるので、最後の詰めの際も撃ち勝てる確率が高いです。

距離を詰めるならショットガン!

おすすめ装備

オススメ装備組合わせ表

メイン サブ
銃の名前 C8-SFW(AR) MK1 9mm(HG)
サイト ACOG
バレル コンペンセイター サプレッサー
グリップ
レーザーサイト あり なし
ガジェット フラググレネード

銃の名前の横に書いてあるのは、武器の分類です。

AR-アサルトライフル / SMG-サブマシンガン / LMG-ライトマシンガン / MP-マシンピストル / HG-ハンドガン / SG-ショットガン / MR-マークスマンライフル

メインウェポン

アサルトライフルのC8-SFWがおすすめ。

他にはマークスマンライフルのCAMRSがあり、連射もできてなかなか強いですが、基本はアサルトライフルのほうが使いやすいので、そちらがおすすめです。

以前はリコイルが強すぎてACOGで使うのが難しかったアサルトライフルですが、リコイルシステムの変更により、かなりマイルドになったのでかなり使いやすくなりました。

威力は特別高いわけではないですが、レートが高いので胴撃ちでも簡単にキルできます。

また、バックのメインウェポンにはレーザーサイトをつけましょう。

敵との距離を詰めるときにはショットガンで行くことが多いので、その腰撃ち精度を高めるためにレーザーサイトをつけることを強くオススメします。

サブウェポン

ハンドガン一択なので選択の余地なし。

サプレッサーをオススメする理由としては、基本的にアサルトとショットガンしか使わないので、カメラを壊すときなどに敵に気付かれにくくするためにサプ付きハンドガンで行うためです。

ガジェット

フラググレネードがおすすめ。

他にはスタングレネードが選べますが、フラグの魅力には劣ります。

バックは工事職としてピックすることが多いので、その一環で突き上げフラグキルを狙ったりできます。

小ネタ

スケルトンキーの切り替えは、固有能力発動のR1ボタンですが、武器の切り替えと脳内変換されて△ボタンを押してしまうこともよくありますw

焦っているときはわけわからなくなってしまいがちなので、テロハンでしっかり体に覚えこませましょう。

武器チェン失敗してあわあわ

まとめ

バックはフロストとともに出た一番最初のDLCオペレータで、ちょっと前までは上級者向けの強オペ扱いされていたオペレータですが、今はだいぶ使いやすくなっているので、ぜひこの強さを実感してほしいです!

工事職はマップ構造の理解がないと難しいので、初心者のうちは単純なキルオペとして使ってみましょう。

そのうちマップ構造の理解が深くなってきたときに、工事職として使ってみることで攻撃の幅が広がり、もう一段階上のレベルにたどり着けると思います!

コメント